水道の蛇口を自分で修理する方法

水道トラブルで身近なものにキッチンの蛇口の水漏れがあります。新築の場合は、まずありませんが、経年劣化してくることで水漏れが起こりやすくなります。配管が詰まって水が流れなくなるような深刻なトラブルまでいかない状態で、プロに連絡をして修理をしてもらうのはどうなのかとためらうこともあるでしょう。実はキッチンの蛇口の水漏れは自分でも修理できるケースがあります。

■キッチンの蛇口の水漏れは自分で直す

水道トラブルで多いキッチンの蛇口の水漏れは、施工して10年が目安で起こります。原因は部品の劣化です。蛇口内のパッキンや部品が劣化してしまうことで水漏れが起こりやすくなります。最近の蛇口は、シングルレバー混合水栓かハンドル混合水栓のどちらかになります。内部構造はとても簡単にできていますから、自分で直すことも可能です。部品はホームセンターなどで手に入りますから、型式を調べて購入しましょう。なお、10年以上経過している場合は部品がないことがあります。この場合は全取り換えになるので、業者に依頼することになります。

■部品交換が必要かどうかの見極め

蛇口のどこから水漏れがしているのかを確かめておくと良いです。修理方法としては水漏れしている部分の部品交換が必要になります。蛇口によっては、極寒地などは一体化しており分解できないタイプもあるので、よく調べることが大切です。同じものでないと交換できませんから、まず、部品が手に入るか確認することから始めます。分解するには工具が必要になります。経年劣化して年数が経過しているものは、パーツの結束部分がかなり固くなっているので分解するのが難しい可能性もあります。

■まとめ
キッチンの蛇口は自分でも修理する方法がありますが、全て可能かと言えばそれはその蛇口の状態によります。10年以上経過している蛇口の場合、部品そのものがないこともあります。特殊な蛇口の場合は、買い替えをするほうが安く済むこともあるでしょう。まずは、自分で修理が可能かどうかをよく調べることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ