高い技術レベルを持った水道修理業者の選び方

数多い水道修理業者から技術レベルの高い業者を探すにはどうしたらいいのでしょうか。実は、中には実技試験を伴わない資格のみを取得して仕事をしているところがあります。ここでは、どんな資格を取得している会社に依頼すれば安心してトラブルを回避できるか紹介します。

■悪徳業者の見極め方は指定業者かどうか

水道業界では上下水道の2つの自治体指定を受けていることが必須になります。上水道は筆記試験のみ合格すれば取得できるので、一般的にトラブル対応に特化した会社の大半は上水道の指定のみ所有しているところが大半です。下水道は実務経験がない人は取得できません。地方自治体ごとにHPで上下水道の登録店を掲載しており、正規店であるかどうかをわかるようにしています。修理を依頼するときは、自治体指定されている業者を選ぶようにしましょう。

■配管技能士でなければ水道修理業者とは言えない

水道の緊急トラブル対応業者は他業種からの転職者も多く、実技レベルが低い業者が多いのが現状です。一般的には、1、2級の建築配管技能士が在籍しているかどうかで技術水準を判断することができます。プロとして認知されるには実務試験を伴う、1、2級の建築配管技能士の資格を取得していることが必須です。給水装置工事主任技術者や建築士は実務経験がなくても取得できる資格なので、判断材料にはなりません。



■まとめ
水道業界の実状を知らなければ、依頼する業者も違ってきます。私たち消費者は相手の話を鵜呑みにせず、正しい知識のもとで選択することが大切です。ともすれば、値段につられて契約してしまいがちですが、ちゃんと修理がされていなければ、また再修理を依頼することになり、費用も高くついてしまいます。そういう意味では、実状を知っておくことは金銭トラブルを回避することにもつながるのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ